宇治市で腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院
メールでの問い合わせはこちら

骨盤と姿勢の関係

2017/07/22 カテゴリー:ブログ

みなさん、こんにちは。学生たちの長期の休みである夏休みが始まった学校が多くなってきましたね。

腰にはいくつもの骨があり、主に骨盤という大きな骨があってその骨盤には多くの筋肉が付いています。スポーツをする際にはこれらの多くの筋肉が関わってきます。そして骨盤は大腿骨という足にある骨と連結し関節を作っています。この関節はいわゆる股関節と呼ばれるところです。骨盤は人間の足を動かす土台になる骨と上半身の体重を支える場所にもなる大事な骨です。その分よく使われるため負担がかかりやすいです。骨盤と大腿骨で関節をつくる股関節は骨盤にある寛骨臼というくぼみに大腿骨がはまりこんで足を動かすことを可能にしています。人の体重が股関節や膝の関節にかかるためそれに耐えるようにできていて膝には人の体重の四倍の体重が加わるそうです。骨盤は身体が前に倒れると一緒に動きます。これは背骨と骨盤が繋がっているためです。身体が前に倒れる時間が長いと骨盤についている筋肉が普段以上に筋肉が引っ張られ負担がかかってしまい痛みが出てきたりします。人間は無意識に痛みから避けようとするので楽な姿勢になろうとします。姿勢が悪くなると腰などにも負担がかかりやすくなるので腰の痛みの原因にもなります。姿勢をシャキッとさせ姿勢が崩れないようにしていきましょう!

#
#

〒611-0042
京都府宇治市小倉町神楽田11-1

お問い合わせ 0774-21-7214

#

宇治市腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院におまかせください!

小倉駅前整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。近鉄小倉駅徒歩15秒

© 宇治市 腰痛改善専門 小倉駅前整骨院 All Rights Reserved.