宇治市で腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院
メールでの問い合わせはこちら

腰の痛みの種類(捻じる・じっとしているときの痛み)

2016/02/19 カテゴリー:ブログ

今回は腰の痛みの種類のなかでも、捻じるときとじっとしているときの痛みに関するお話をさせていただきます。

まず体を捻じるときの痛みには、腹筋の柔軟性が関係しています。

体は前にかがめたり、後ろに反らせたりする動きは得意で、背骨が筋肉の動きを補助しています。

腹筋の柔軟性が悪ければ、無理矢理に体を捻じってしまうことで筋肉を傷めてしまいます。

腹筋の柔軟性を良くしておけば、捻じる動きのときに筋肉を傷めないように予防することができます。

体を捻じるときの痛みは野球やテニス、ゴルフなどの同じ方向への動きを繰り返すスポーツに多くみられます。

次にじっとしているときの痛みには、脊柱起立筋(姿勢を保つ筋肉)が関係しています。

脊柱起立筋(姿勢を保つ筋肉)は、長時間座っていたり、立ちっぱなしの姿勢のときに使います。

じっとしているときの痛みも、筋肉の柔軟性が悪ければ、腰を支える力が低下し痛みが強くなることが多いです。

とくに、デスクワークや運転手、スーパーのレジやお店での販売員などの職業に多くみられます。

腰の痛みにはいろいろありますが、その全てに関係しているのが、筋肉だけでなく、体の柱となる背骨です。

背骨はS字型にカーブしています。

そのS字型のカーブがみだれ、崩れることで姿勢が悪くなり、筋肉に負担が増え、痛みが強くなったりします。

当院では、筋肉の施術だけでなく、背骨のゆがみを真っすぐにするB&M背骨ゆがみ整体をおこなっております。

腰の痛みでお悩みの方は一度当院へお越し下さい。

#
#

〒611-0042
京都府宇治市小倉町神楽田11-1

お問い合わせ 0774-21-7214

#

宇治市腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院におまかせください!

小倉駅前整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。近鉄小倉駅徒歩15秒

© 宇治市 腰痛改善専門 小倉駅前整骨院 All Rights Reserved.