宇治市で腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院
メールでの問い合わせはこちら

腰の痛みと腹横筋

2016/05/26 カテゴリー:ブログ

今回は腰の痛みにとても関係している筋肉「腹横筋」についてお話をしていこうと思います。

まず、腹横筋とはなにか?

腹横筋とは腹筋の中でも最も深部にある筋肉で、お腹と腰をコルセットのように支えていることから「コルセット筋」と呼ばれている筋肉です。

腹横筋はお腹周りをベルトのように横向きに沿って付いています。

この筋肉が収縮するとベルトを締めるようにお腹が引き締まり、また腹圧を上昇させて腰を安定化させるのです。

人は生活の中でだれでも「何か物を持ち上げる」、「身体を捻る」等の動作を繰り返し行っています。

そのような小さなストレスが腰に蓄積すると背骨や周囲の筋肉などの軟部組織を痛めてしまうのです。

そしてこの状態を放っておくと重い症状に繋がることもあります。

このようなことにならない為にはしっかりと腰を安定させた状態で「物を持ち上げる」、「身体を捻る」等の動作をしないといけないのです。

そこで、腹横筋をしっかりと収縮させると腰は安定した状態ができます。

どうやって腹横筋を収縮させるか?

それはとても簡単です。

背筋を伸ばし、お腹を故意的にぐっと凹ますのです。

これだけで腹横筋はしっかりと収縮します。

こんな簡単なことで腰の痛みの予防に繋がります!

どうしてもほとんどの方が経験する腰の痛み。

酷くなる前に是非一度、当院にご相談下さい。

#
#

〒611-0042
京都府宇治市小倉町神楽田11-1

お問い合わせ 0774-21-7214

#

宇治市腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院におまかせください!

小倉駅前整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。近鉄小倉駅徒歩15秒

© 宇治市 腰痛改善専門 小倉駅前整骨院 All Rights Reserved.