宇治市で腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院
メールでの問い合わせはこちら

股関節の動き方と股関節の筋肉

2016/05/16 カテゴリー:ブログ

今回は、「股関節の動き方と股関節の筋肉」に関するお話をさせていただきます。

股関節の動きには、「屈曲」・「伸展」・「外転」・「内転」・「外旋」・「内旋」の6つの方向に動きます。

 

屈曲とは、股関節を曲げて、脚を前に上げていく動きをします。

屈曲の動き方で働く筋肉は、大腿直筋・恥骨筋・大腿筋膜張筋・縫工筋・長内転筋・短内転筋・大内転筋の7つです。

 

伸展とは、股関節を曲げて、脚を後ろに上げていく動きをします。

伸展の動き方で働く筋肉は、大殿筋・大腿二頭筋(ハムストリングス)・半膜様筋・半腱様筋の4つです。

 

外転とは、脚を股関節のところから外側に開いていく動きをします。

外転の動き方で働く筋肉は、中殿筋・小殿筋・大腿筋膜張筋・大殿筋の4つです。

 

内転とは、股関節外転の状態から脚を閉じていく動きをします。

内転の動き方で働く筋肉は、大内転筋・短内転筋・長内転筋・恥骨筋・薄筋の5つです。

 

外旋とは、右脚では時計回りに左脚では反時計回りに捻じらせる動きをします。

外旋の動き方で働く筋肉は、外旋6筋(梨状筋・上双子筋・下双子筋・大腿方形筋・内閉鎖筋・外閉鎖筋)・大殿筋です。

 

内旋とは、右脚では、反時計回りに左脚では時計回りに捻じらせる動きをします。

内旋の動き方で働く筋肉は、小殿筋・中殿筋・大腿筋膜張筋の3つです。

 

股関節は体の土台となり、腰の動きや背骨、姿勢などを支えてくれています。

 

股関節のことでお悩みの方は、ぜひ当院までご相談下さい。

 

#
#

〒611-0042
京都府宇治市小倉町神楽田11-1

お問い合わせ 0774-21-7214

#

宇治市腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院におまかせください!

小倉駅前整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。近鉄小倉駅徒歩15秒

© 宇治市 腰痛改善専門 小倉駅前整骨院 All Rights Reserved.