宇治市で腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院
メールでの問い合わせはこちら

あぐらと正座の違い

2019/05/08 カテゴリー:ブログ

みなさん、こんにちは。気温が高くなってきていますが雨が降ったりすると気候も変化しやすくなるので体調を崩さないようにお気をつけてくださいね。

さて、今回はあぐらと正座の違いについてお話していきたいと思います。

地べたなどに座る時、この2つの座り方をすることが多いと思いますが、あぐらと正座をするのでは腰にかかる負担が大きく違ってきます。

よくあぐらをかくという方は注意が必要です。あぐらをかくと自然と姿勢が丸まってしまいます。こうなってしまうと腰への圧力が増してしまうので姿勢の崩れと共に腰を痛める危険があります。日頃から姿勢が悪いという方は自然にあぐらをかいてしまいやすくもなります。

逆に正座をするという方は普段から姿勢の意識ができている方が多いです。

正座をすることによって骨盤が立つようになるので勝手に姿勢が伸びるようになります。そのため正座をする方があぐらをかくよりも腰にかかる負担は少なくなります。

最近では圧倒的にあぐらをかくという方が多いです。その影響で姿勢が悪くなり腰が痛くなるという方が後を絶ちません。

そうならない為にも早い内から身体をケアしていく事やちょっとした座り方を意識していくことが大切です。

気になる方は当院までご連絡くださいね。

#
#

〒611-0042
京都府宇治市小倉町神楽田11-1

お問い合わせ 0774-21-7214

#

宇治市腰痛を改善するなら 小倉駅前整骨院におまかせください!

小倉駅前整骨院では、腰痛ヘルニアぎっくり腰坐骨神経痛など腰の痛みを改善させる施術を得意としております。症状の程度はご自身ではわかりにくいので、お問い合わせやご相談、予約はお気軽にどうぞ。近鉄小倉駅徒歩15秒

© 宇治市 腰痛改善専門 小倉駅前整骨院 All Rights Reserved.